最新情報 認定機構について 関連諸規則 認定基準 医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧施設申請
認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map

心臓血管外科専門医施設認定・更新に関する申請の手引き

 

下記の注意点をよくご覧になり、書類の記載内容を確認の上、申請して下さい。
申請書類が不備な場合、機構における書類審査の会議に提出できない場合でも申請料は返却致しませんのでご注意下さい。
申請書類は、本機構ホームページに掲載してありますのでダウンロードしてご使用下さい。
申請手数料・認定料の振込先は以下の通りです。
みずほ銀行 飯田橋支店(店番号061)
普通口座番号:2139342
口座名義:心臓血管外科専門医認定機構

認定修練施設の認定
基幹施設
基幹施設の認定を受けようとする施設は、心臓血管外科専門医制度施行細則 第7条の1)〜6)号に定めるすべての資格を具えていることが条件です。
1) 心臓血管外科手術数:3年間平均して100例/年以上あること。
修練指導者は1施設に複数いる可能性があり、その中から各施設1名、施設の代表者となる人を修練責任者とします。
2) 申請審査料および認定料は、ともに20,000円です。
3) 臨床工学技士が2名以上常勤していること。うち1名以上は体外循環技術認定士であること(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)
関連施設
関連施設の認定を受けようとする施設は、心臓血管外科専門医制度施行細則 第8条の1)〜6)号に定めるすべての資格を具えていることが条件です。
1) 心臓血管外科手術数:50例/年以上あること。
更新申請の場合は、最近3年間平均して50例/年以上手術していることが条件です。
2) 修練指導者は1施設に複数いる可能性があり、その中から各施設1名、施設の代表者となる人を修練責任者とします。
3) 申請審査料および認定料は、ともに20,000円です。
4) 臨床工学技士が2名以上常勤していること。うち1名以上は体外循環技術認定士であること(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)
※申請書類
基幹施設並びに関連施設の認定を受けようとする施設は、心臓血管外科専門医制度施行細則 第9条の1)〜8)号に定めるすべての書類を添えて認定機構に申請して下さい。
様式1〜8は本機構ホームページからダウンロードして使用して下さい。

基幹施設(下記1、2、4、5、6、7、8、9、10)
関連施設(下記2、3、4、6、8、9、10)
1) 基幹施設認定申請書(様式1)
2) 基幹施設並びに関連施設内容調書(様式2-1)
3) 関連施設の場合は、基幹施設の長からの推薦書及び関連施設承諾書(様式3、4)
4) 修練指導者が常勤していることの証明書(様式5)と修練指導者認定証の写
5) 関連施設を含む修練カリキュラム(様式2-2〜様式2-5)
6) 院内で行われた医療安全推進の写など
7) 臨床工学技士2名以上の資格証明書および勤務証明書。うち1名以上は体外循環技術認定士の資格証明書(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)
8) 申請施設の手術症例数(様式8):
基幹施設は、心臓血管外科手術が3年間平均して100例/年以上あること。
関連施設は、心臓血管外科手術が3年間平均して50例/年以上あること
関連施設申請は新規申請に限り、前年1年間の症例数にても可能です。
9) 申請締切りは1月31日です。
10) 申請審査料 20,000円:振込み用紙のコピーを申請書に添付して下さい。
審査不合格の場合も返却しません。
11) 認定料 20,000円:審査終了後、合格施設には合格通知および振込み用紙を送りますので、認定料を振込んで下さい。


ページのトップへ