最新情報 認定機構について 関連諸規則 認定基準 医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map

新しい専門医制度に関するお知らせ

専門医制度が変わります。
平成27年卒業の医師が初期研修を終了する平成29年から実施される見込みであり、緊急かつ大変重要なことですので、情報をホームページに掲載いたしますので、ご留意願います。

 

心臓血管外科専門医認定機構からのお知らせ

平成27年12月8日
心臓血管外科専門医認定機構
認定修練施設 修練責任者 各位
心臓血管外科専門医    各位

心臓血管外科専門医認定機構
代表幹事 橋本和弘

新専門医制度に向けての対応

 日本専門医機構より提示された専門研修プログラム整備指針に基づき、日本外科学会において作成され、認定を受けた外科専門研修プログラム整備基準(修正版)、外科専門研修プログラム整備基準が8月に公開されました。心臓血管外科専門医認定機構においてはその外科専門研修プログラム整備基準(修正版)に沿った形で外科専門研修プログラムと連動する内容を盛り込んだ心臓血管外科専門研修プログラム整備基準(案)の作成が進み、皆様に報告してまいりましたが、日本専門医機構の審査・認定にまでは至っていません。日本専門医機構は基本領域が済んだ後に対応するという姿勢でおります。
 サブ領域にある心臓血管外科専門研修プログラムが日本専門医機構に認定されていない現在、サブ領域のプログラムを提出することはできません。12月中旬から始まる基本領域となる外科プログラム申請受付開始にあたり、心臓血管外科領域としての対応を検討し、10月の第68回日本胸部外科学会特別企画「新専門医制度」にて報告いたしました。
 http://cvs.umin.jp/new_spcl.html#151009
以下にその概略を示します。
 今回は外科専門研修基幹施設から提出される外科専門研修プログラム(基本領域)に領域として参加してください。
 プログラム内での外科研修方法・時期は各自のプログラム内にて検討してください。プログラム参加時には将来、専攻するサブ領域をすでに決定している専攻医が多い中で、心臓血管外科志向の専攻医には心臓血管外科への連動を視野に入れた研修内容(外科専門研修minimum requirementを満たした上で、心臓・血管領域の経験を多く与える)を提供することは従来通りとしてください。
 その提示方法としては研修プログラム内に一つのコースを設け(「サブ領域展開コース」。ただし、領域名を冠しない。)、専門研修プログラム統括責任者が専攻医の基本領域研修と希望するサブスペシャルティ領域研修の調整を行って、専攻医ごとの研修プログラムを作成するものとしてください。(外科専門研修中の心臓血管外科領域の手術経験は全て心臓血管外科専門研修の経験に認められる予定で進んでおります)
 サブ領域の所属長(診療科責任者)は外科専門研修プログラムにおいてはプログラム統括責任者、副プログラム統括責任者あるいは当然ではありますが領域責任者となって外科専門研修プログラム作成に参加してください。(心臓血管外科専門研修プログラムの認定時には心臓血管外科専門研修プログラム統括責任者となります)
 外科専門研修プログラム内に記載する連携病院として心臓血管外科領域研修時(外科専門医取得後)においてのみ派遣される予定の連携病院も忘れずに含めておいて下さい。しかし、(今後、心臓血管外科専門研修プログラム認定時の混乱を避けるため)施設要件(施設責任者資格を含む)は外科専門医制度基準ではなく、心臓血管外科専門医制度での要件を適応します。
 ホームページにアップされております「心臓血管外科専門研修プログラム整備基準(案)」の内容と外科専門研修プログラム整備基準、外科専門研修モデルプログラムを混同しないようにお願いいたします。ただし、心臓血管外科専門研修時にのみに派遣される予定の連携病院の認定基準は「心臓血管外科専門研修プログラム整備基準(案)」内の基準でご判断ください。

 日本外科学会の外科領域専門研修プログラム申請書の作成サイトをご参照願います。
http://www.jssoc.or.jp/procedure/specialist-new/info20151207.html

 なお、新専門医制度下では、「専攻医の指導にあたる専門医」が「指導医」となります。 つまり、心臓血管外科専門医の全てが、「指導医」ということになり、今後、専門医更新時には「指導医講習会」を1回以上受講していることが必須となります。心臓血管外科専門医認定機構では、構成3学会の学術総会中に「指導医講習会」を企画しておりますので、専門医の方は、受講するようにして下さい。2016年では、2月の第46回日本心臓血管外科学会時、5月の日本血管外科学会時に「指導医講習会」を開催予定です。
 (「指導医」は制度であって、資格ではありません。「修練指導者」資格とは異なります。)
 詳細は、ホームページをご参照願います。


心臓血管外科プログラム整備基準(案)
ご意見、ご質問は、メールにてお寄せ願います。
メール送付先:cvs-master@umin.ac.jp


新専門医制度に関するご質問へのご回答を掲載しました。

外科 新専門医制度について

外科領域専門研修プログラムの申請を受け付けております。
提出期限:平成28(2016)年2月1日(月曜日)17時(必着)


第46回日本心臓血管外科学会時の


 

第三者機関の動き

日本専門医機構「専門医制度整備指針(第1版)」2014年7月
http://cvs.umin.jp/guideline01_201407.pdf

日本専門医制機構が2014年5月7日に発足しました。
http://www.japan-senmon-i.jp/

日本専門医制評価・認定機構の解散が決議されました。
http://www.japan-senmon-i.jp/index.html

資料:専門医のあり方に関する検討会報告書(2013年4月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000300ju.html

ページのトップへ