最新情報 認定機構について 関連諸規則 認定基準 医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map

新しい専門医制度に関するお知らせ

 遅れておりました新専門医制度ですが、平成30年度から外科専門医制度を始めとした基本領域(いわゆる1階部分)の新専門医制度がスタートいたします。それに伴いサブスペシャルティ領域(いわゆる2階部分)である心臓血管外科専門医制度も準備を進めておりますので、情報を適宜HPに公開してまいります。

 

心臓血管外科専門医認定機構からのお知らせ

平成30年3月7日

 一般社団法人日本専門医機構から提示された「専門医制度新整備指針(第二版)2017年6月」に基づき、基本領域である日本外科学会は外科専門研修プログラム整備基準を発表し、昨年にはプログラムの公募、専攻医の公募を行い、本年4月からプログラム制による新制度での外科専門研修が開始となる運びです。
 一方、サブスペシャルティ領域については「専門医制度新整備指針(第二版)2017年6月」ではプログラム制、カリキュラム制のどちらも採用できることとなっており、外科系専門医制度連絡協議会において、外科サブスペシャルティ6領域は足並みを揃えてカリキュラム制を採用することになりました。心臓血管外科専門医認定機構としてはプログラム制を採用する方針で準備を進めてきたところであり、いろいろとご意見を頂いておりますが、当面、新専門医制度はカリキュラム制でスタートいたします。しかしながら、従来の専門医修練の問題点および欧米先進国の専門医教育事情などを考慮いたしますと、プログラム制とすることが望ましいという考えも根強いため、今回のカリキュラム制でのカリキュラム整備基準の中にも、施設群の形成など極力プログラム制の要素を入れ込んでおります。
 プログラム制である外科専門医制度とカリキュラム制である心臓血管外科専門医制度を連動した形の研修を行わせて、少しでも早く心臓血管外科専門医試験受験資格を取得させたいところですが、外科専門研修の最初の1年はサブスペシャルティ研修を名乗ることなく外科専門研修(外科専門研修の一部としての心臓血管外科研修を含む)を行うことが日本外科学会との申し合わせ事項になっております。
 現在決まっております心臓血管外科修練カリキュラム整備基準(案)と、先日開催されました第48回日本心臓血管外科学会総会での心臓血管外科専門医制度に関する発表のスライドをHPに公開いたします。
 この心臓血管外科修練カリキュラム整備基準(案)については心臓血管外科専門医認定機構総会の承認を得ておりますので、今後はこれを日本外科学会に提出し日本専門医機構の認証を受ける形に進んでいくものと思われます。この過程で修正などありましたら逐次HPなどで皆様にお知らせいたします。

  • 第48回日本心臓血管外科学会総会特別企画「新専門医制度について」講演スライド >> PDF
  • 第118回日本外科学会定期学術集会の特別企画(1)「サブスペシャルティ領域を見据えた新専門医制度のあり方」「心臓血管外科領域:新制度に向けての取り組みと外科プログラムへの要望」講演スライド  >> PDF

新専門医制度関連サイト

ページのトップへ