最新情報 認定機構について 関連諸規則 認定基準 医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map

4回目以降の更新申請について(現行制度)

 4回目以降の更新該当者(2023年以降)の更新条件を「連続して3回以上の更新を経た専門医は、100例以上の手術(術者・助手を問わない)に5年間で参加していること」とすることになりました。
 日本専門医機構の専門医制度整備指針に、「連続して3回以上の更新を経た専門医は、申請により承認されれば、領域学会が定める診療実績の証明を更新条件から免除される」とあります。本整備指針は現行制度直接関与するものではありませんが、将来的に現行制度の専門医も日本専門医機構認定専門医に移行する予定であることから、心臓血管外科専門医認定機構では、4回目以降の更新該当者(2023年以降)については、臨床実績があれば手術業績を求めない方針とします。しかし、同時更新となる外科専門医の4回目以降の更新条件では、手術経験免除に関して、まだ決定に至っておりません。従って、当面、外科専門医の現在の更新条件を組み入れる必要があり、「100例以上の手術(術者・助手を問わない)に5年間で参加していること」との条件を残して、この決定に至りました。なお、新専門医制度で専門医となる方の更新条件については、現在検討中ですので、決定し次第お知らせします。
 申請方法等については、確認中です。詳細が決まりましたらご連絡いたします。

ページのトップへ