最新情報 認定機構について関連諸規則
認定基準 医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map
日本胸部外科学会・日本心臓血管外科学会・日本血管外科学会認定
心臓血管外科専門医制度施行細則

 
第1章 修練開始登録
第1条 心臓血管外科専門医申請等で利用する修練を行うにあたっては、修練開始登録を行う必要がある。
第2条 修練開始登録するものは、以下の各号に定める要件を具えていなければならない。
1)医師法で規定された卒後初期臨床研修期間を終了していること
2)構成3学会の日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会のうちの少なくとも2学会の入会手続きが終了していること
第3条 修練開始登録を申請するときは、修練を開始する主たる認定修練施設の修練責任者の認可を受け、修練開始登録申請書を認定機構に提出する。
 
第2章 専門医の申請
第4条 (専門医申請資格)専門医の新規認定を申請する者(以下、新規申請者と略記)は、次の各号に定めるすべての資格を具えていなければならない。
1)日本国の医師免許証を有すること
2)外科専門医あるいは外科専門医筆記試験合格者であること(ただし、外科専門医筆記試験合格者においては、心臓血管外科専門医を認定する時点では、外科専門医資格が必要である)
3)卒後修練期間7年以上を有すること
4)修練開始登録を申請した後、認定修練施設において3年以上の修練期間を有すること(2016年より、ただし2015年申請者は2年間とする)
5)修練期間中に認定修練施設において次の手術経験を有すること
(1)術者として50例以上の手術を行うこととし、その内訳において同一術式は10例を超えないこととする
(2)第1助手としては、50例以上を行うこととする
(3)第2助手を含めた総点数を500点以上とする
(4)前年の心臓・胸部大血管手術が25例に満たない修練施設で行った当該手術は手術経験に算入できない(単位に含まない)
ただし、2013年からこの基準を40例に引き上げる(2012年の実績に基づいて)
前年の血管外科手術が別途既定する基準に満たない修練施設で行った当該手術は手術経験に参入できない(単位に含まない)
6)心臓血管外科学に関する以下の業績(学会発表、論文発表)および学会参加実績を有すること
(1)査読制度のある全国誌以上の論文3編以上(筆頭論文1編以上を含む)
(2)全国規模のあるいはそれ以上の学術総会で3回以上筆頭演者として発表していることただし、2016年以降開催の日本胸部外科学会地方会又は日本血管外科学会地方会での発表1度分を0.5回分と認めるが、地方会発表に関しては2度を上限とする。発表の内、少なくとも1回は、日本胸部外科学会学術集会・日本心臓血管外科学会学術総会・日本血管外科学会総会で発表すること。
(3)日本胸部外科学会学術集会・日本心臓血管外科学会学術総会・日本血管外科学会総会に計3回以上参加していること
(4)日本胸部外科学会または日本心臓血管外科学会または日本血管外科学会が主催するセミナー(卒後教育セミナー、Postgraduate Course)に3回以上参加していること
(5)医療安全講習会を2回以上受講していること
(6)申請時においてOff the-job trainingを30時間以上受けていること。
(7)申請時において心・大血管手術における体外循環及び補助循環5例の参加経験を有すること
7)申請時において日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会のうちの少なくとも2学会の会員であり、それぞれ直近3年以上の会員歴を有すること
8)上記の申請資格については機構総会で最終判断する。
第5条 (専門医申請書類)新規申請者は、次の各号に定めるすべての書類を添えて認定機構に申請する。
1)専門医認定申請書
2)履歴書
3)医師免許証の写
4)外科専門医認定証の写あるいは外科専門医筆記試験合格証の写
5)認定修練施設長の修練証明書
6)臨床修練実績表
7)手術・手技記録等(術者名、指導的助手名、助手名、手術日、病名、手術術式を含む手術記録あるいは診療記録の写等)
8)業績等一覧表及び業績証明書類
9)構成3学会の主催するセミナー(卒後教育セミナー、Postgraduate Course)の受講を証明するもの
10)構成3学会の学術集会参加証の写
11)本機構が認める医療安全講習会の受講証明書の写
12)主たる認定修練施設の修練責任者からの推薦状(推薦状には修練責任者の自筆署名、署名日を付けること)
13)Off the-job training30時間以上の受講証明書
14)心・大血管手術における体外循環及び補助循環5例以上の証明書
15)申請手数料振込用紙の写
第6条 (専門医更新申請資格)専門医の更新申請をする者は、次の各号に定めるすべての資格を具えていなければならない。
1)申請時において外科専門医および心臓血管外科専門医であること
2)申請時において引き続き5年間、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会のうち、少なくとも2学会の会員であること
3)専門医更新申請前の5年間において日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会または日本血管外科学会の学術集会に5回以上参加していること(ただし海外でスタッフとして勤務している場合には、学会参加条件を2回以上に低減し、海外の関係学会参加を含めて計5回以上とする)
さらに日本外科学会定期学術集会に1回以上参加していること
4)5年間に認定機構あるいは構成3学会が行う医療安全に関する講習会等を2回以上受講していること
5)5年間に術者または指導的助手として100例以上の手術経験を有すること
なお、その内50例以上は難易度B以上でなければならない
6)5年間に心臓血管外科に関する論文を3編以上発表していること(筆頭者、共著者を問わない。掲載論文については、査読制度のある全国誌以上とする。)
7)5年間に日本胸部外科学会または日本心臓血管外科学会または日本血管外科学会が主催するセミナーに3回以上参加していること(ただし主要な海外学術団体が主催するセミナーも認められます。)
8)上記の更新申請資格については機構総会で最終判断する
2. 定められた期日までに更新申請をしなかった者は専門医としての資格を喪失する。
ただし、別に定める特別の事情(手引き参照)がある場合には、最大2年間の猶予期間を認める。
第7条 (専門医更新申請書類)更新申請者は、次の各号に定めるすべての書類を添えて認定機構に申請する。
1)専門医更新申請書
2)履歴書
3)外科専門医認定証の写および心臓血管外科専門医認定証の写
4)臨床実績証明書類
5)構成3学会の学術集会参加証の写および日本外科学会定期学術集会参加証の写
6)本機構が認める医療安全受講証明書の写
7)心臓血管外科に関する論文3編以上
8)構成3学会主催のセミナー受講を証明するもの
9)更新申請料振込み用紙の写
 
第3章 修練指導者の申請
第8条 (修練指導者資格)修練指導者の資格認定を受けようとする者は、次の各号に定めるすべての資格を具えていなければならない。
1)心臓血管外科専門医であること
2)日本胸部外科学会指導医で心臓血管外科を専門としているか、または日本心臓血管外科学会国際会員か、あるいは1回以上更新した心臓血管外科専門医であること
3)査読制度のある全国誌以上の心臓血管外科に関する筆頭論文を5編以上有し、かつ術者として難易度B以上の心臓血管外科手術経験100例以上を有し、かつその内30例以上は難易度Cであること
本資格は心臓血管外科専門医である限り有効である。
第9条 (修練指導者申請書類)修練指導者の認定を受けようとする者は、次の各号に定めるすべての書類を添えて認定機構に申請する。
1)修練指導者認定申請書
2)心臓血管外科専門医認定証の写
3)日本胸部外科学会終身指導医のうち心臓血管外科を専門としている者か、日本心臓血管外科学会国際会員か、心臓血管外科専門医更新者の資格証明書の写
4)査読制度のある全国誌以上の心臓血管外科に関する筆頭論文を5編以上有していることの業績表およびその内容が証明できるもの
5)術者としての心臓血管外科手術経験100例以上を証明できるもの
6)修練指導者申請料振込み用紙の写
 
第4章 認定修練施設の申請
第10条 (基幹施設の申請資格)基幹施設の認定を受けようとする施設は、次の各号に定めるすべての資格を具えていなければならない。
1)心臓血管外科手術が3年間平均して100例/年以上あること
ただし、原則として手術の内容は手術術式難易度表(A)(B)(C)に挙げられているものとするが、動静脈シャント作成術は除く
2)心臓血管外科専門医修練カリキュラムを有すること
カリキュラムは最低3年にわたる年別毎の教育方針、方策(症例の種類、症例数、手術の範囲)を記入すること。なお、その内容の判定は認定機構が行う
3)修練指導者が1名以上常勤していること
4)修練指導者の中から各施設1名を修練責任者として申請すること
5)施設内で医療安全研修等が行われており、修練医が参加していること
6)臨床工学技士が2名以上常勤していること。うち1名以上は体外循環技術認定士であること(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)
第11条 (関連施設の申請資格)関連施設の認定を受けようとする施設は、次の各号に定めるすべての資格を具えていなければならない。
1)基幹施設の指導責任者(平成20年1月1日以降は修練責任者)の推薦を受け、関連施設の長が承諾していること
2)基幹施設の修練カリキュラムに包含されており、心臓血管外科手術50例/年以上を施行していること。
3)修練指導者が1名以上常勤していること
4)修練指導者の中から各施設1名を修練責任者として申請すること
5)施設内で医療安全研修等が行われており、修練医が参加していること
6)臨床工学技士が2名以上常勤していること。うち1名以上は体外循環技術認定士であること(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)
第12条 (施設認定の申請書類)基幹施設並びに関連施設の認定を受けようとする施設は、次の各号に定めるすべての書類を添えて認定機構に申請する。
1)基幹施設認定申請書
2)基幹施設並びに関連施設内容調書
3)関連施設の場合は、基幹施設の長からの推薦書及び関連施設承諾書
4)修練指導者が常勤していることの証明書と修練指導者認定証の写
5)常勤する臨床工学技士2名以上の勤務証明書及び資格証明書。うち1名以上は体外循環技術認定士の資格証明書(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)
6)関連施設を含む修練カリキュラム
7)院内で医療安全推進プログラムが行われていることを証明するもの
施設申請手数料振込みの写
2. 定められた期日までに更新申請をしなかった施設は、認定修練施設としての資格を喪失する。
 
第5章 罰則
第13条 (専門医資格の一時停止、取り消し)専門医として相応しくない行為を行った場合、認定機構総会で機構委員全体の2/3以上の議決により、訓告、専門医資格の一時停止(3年以内)、あるいは専門医の認定を取り消すことができる。この場合、当該専門医に対し、機構総会で議決する前に弁明の機会を与えるものとする。弁明の手順については別に定める。
2. 上記により訓告あるいは専門医の資格を一時停止された者に対しては、機構が必要と認めた再教育プログラムを課すことができる。
3. 上記により専門医の資格を取り消された者は、原則として5年間は再申請することを認めない。5年経過後の再申請では、その可否を機構で審査する。
第14条 (認定修練施設資格の一時停止、取り消し)認定修練施設として不適当と認められる理由があった場合、認定機構総会で機構委員全体の2/3以上の議決により、勧告、認定修練施設の認定を一時停止、あるいは取り消すことができる。この場合、当該認定修練施設の修練責任者に対し、機構総会で議決する前に弁明の機会を与えるものとする。弁明の手順については別に定める。
2. 上記により勧告あるいは認定を一時停止された施設に対しては、機構が必要と認めた改善策を課することができる。
3. 上記により認定を取り消された施設の再申請では、その可否を機構で審査する。
4. 毎年行われる日本胸部外科学会学術調査に協力しなかった施設は、罰則の対象とする。
第15条 (資格の復活)専門医資格の一時停止の復活、あるいは認定修練施設資格の一時停止の復活は、機構総会で決定する。
2. 上記資格復活の決定には本機構総会で機構委員全体の2/3以上の賛成を要する。
 
第6章 補則
第16条 (改正)この細則は、認定機構の総会の議決を経なければ変更できない。
第17条 (申請料及び認定料)申請料及び認定料は別途定める。
 
附 則 1.この細則は平成14年1月1日から施行する。
2.この細則は平成14年4月1日から改正する。
3.この細則は平成14年7月23日から改正する。
4.この細則は平成15年4月1日から改正する。
5.この細則は平成16年3月3日から改正する。
6.この細則は平成17年1月1日から改正する。
7.この細則は平成17年4月19日から改正する。
8.この細則は平成19年11月22日から改正する。
9.この細則は平成20年6月17日から改正する。
10.この細則は平成21年12月10日から改正する。
11.この細則は平成23年1月25日から改正する。
12.この細則は平成23年9月14日から改正する。
13.この細則は平成23年6月14日から改正する。
14.専門医の申請料(新規)は50,000円とする。
15.専門医の認定料(新規)は50,000円とする。
16.専門医の更新申請料は、50,000円とする。
17.施設申請手数料は20,000円とする。
18.施設認定料は20,000円とする。
19.専門医の更新猶予申請料は10,000円とする。
20.修練指導者の申請料は20,000円とする。ただし、既に修練責任者として認定されている者の認定料は10,000円とする。
21.この細則は平成25年1月16日から改正する。
22.この細則は平成28年4月21日から改正する。
23.この細則は平成29年4月13日から改正する。

ページのトップへ