最新情報 認定機構について 関連諸規則認定基準
医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map

認定修練施設認定基準

(認定修練施設)
1) 認定修練施設は、基幹施設と関連施設からなる。
2) 基幹施設は心臓血管外科専門医修練カリキュラム(注1)を有し、心臓血管外科手術100例/年以上(注2)を施行し、一定の資格を有する修練指導者が1名以上常勤していること。
3) 関連施設は基幹施設の長からの推薦があり、基幹施設の責任者のもとに行われるカリキュラムに従い、心臓血管外科手術50例/年以上を施行し、一定の資格を有する修練指導者が1名以上常勤していること。
4) 認定修練施設は構成3学会が行う学術調査に積極的に協力すること。
5) 施設内で医療安全研修等が行われており、積極的に修練医を参加させていること。
6) 臨床工学技士が2名以上常勤していること。うち1名以上は、体外循環技術認定士であること。(2015年より。ただし血管外科専門施設は除く)

注1: カリキュラム内容の判定は心臓血管外科専門医認定機構が行う。
注2: 最近3年間平均とする。原則として手術の内容は手術術式難易度表(A)(B)(C)にあげられているものとする。ただし動静脈シャント作成術、経皮的血管形成術は省く。
「2015年からIABP、PCPS抜去も省く」としてきましたが適応せず、新専門医制度に向けて再検討となりました。

ページのトップへ