最新情報 認定機構について 関連諸規則 認定基準 医療安全講習会 専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A
リンク 新専門医制度に向けて
Map
点数について
Q1 手術術式基準に掲載されていない術式についてはどのようにカウントしたらよいでしょうか?
A1 類似していると思われる術式難易度の「これに準ずる手術」として計上し、別紙に術式名を記載して下さい。
Q2 複合手術のカウントの仕方は?
A2 主たる手術の方でカウントして下さい。
Q3 ステントグラフト内挿術は、実施医の資格がなくても指導的助手としてカウントできますか?
A3 実施医の資格がなければカウントできません。
Q4 難易度Aの経皮的血管形成術とは、PCI(経皮的冠動脈形成術)とPPI(経皮的末梢血管形成術)を合わせてよいのでしょうか?
A4 末梢血管の形成ですのでPPIのみです。PCIは含まれません。
Q5 大動脈-大腿動脈バイパス(Aorto-femoral bypass)は、難易度Aの「下肢の非解剖学的バイパス術」になるのでしょうか?それとも、難易度Bの「膝関節以上の血行再建術」になるのでしょうか?
A5 難易度Bの「膝関節以上の血行再建術」です。
Q6 AAA(腹部大動脈瘤)に対し、瘤切除+人工血管置換術は難易度Bかと思いますが、それに加えて、内腸骨動脈再建や、IMA(下腸間膜動脈)再建は難易度Cの「腹部内臓動脈血行再建術(含腎動脈)に入れてよいのでしょうか?
A6 難易度Bです。「腹部内臓動脈血行再建術は、腹腔動脈、上腸間膜動脈、腎動脈を再建した場合に該当します。
Q7 心臓外傷における難易度は?
A7 難易度Bに相当します。
Q8 カテ後の仮性動脈瘤や透析用シャントに生じた仮性動脈瘤の手術(破裂・非破裂)は手術内容のどこに該当するか?
A8 難易度Aの末梢動脈瘤手術としてカウントして下さい。
Q9 動脈を露出して行う外科的なIABP抜去やPCPS抜去はどのような扱いになるのでしょうか?
A9 新規申請の場合、難易度(A)-7 これに準ずる手術に相当します。
更新申請では、2014年からカウントできません。
Q10 下肢静脈瘤手術(ストリッピング、硬化療法など)は、手術内容のどこに該当するか?
A10 下肢静脈瘤の手術は基本的手技となっており、手術にはカウントできません。
Q11 真性胸部大動脈瘤に対する弓部置換と大動脈解離に対する弓部置換は別でしょうか?
A11 大動脈解離に対する弓部置換術は、難易度(C)5.大動脈(1)弓部大動脈置換術、あるいは(4)大動脈解離に対する手術として下さい。
Q12 大動脈解離で弓部置換術を施行した場合、症例は重複して記入するのでしょうか?それとも解離の手術のみ記入するのでしょうか?
A12 重複できません。どちらか一方です。
Q13 弁膜症の症例で、弁形成と弁置換を同時に行った場合は?
A13 二弁以上の手術の場合には難易度(C)2.弁膜症(3)複合弁手術でカウントして下さい。
Q14 ペースメーカーリードを人工心肺で心臓を止めて抜去した手術は、どの項目に入るでしょうか?
A14 難易度Aの3.その他の心疾患手術に入れて下さい。
Q15 心室頻拍手術は、当科では左室形成術の際にエッジ凍結凝固で行うのですが、それも症例に含めてよいでしょうか?
A15 2つの手術としてはカウントできません。
Q16 高位大動脈閉塞症例で腎動脈下大動脈―両側大腿動脈バイパスをした場合の難易度は?
A16 難易度C-5-(3)の腎動脈遮断を伴う腹部大動脈手術に該当します。
Q17 膵癌などの疾患で門脈を再建した場合の難易度はどのようになるのでしょう?
A17 難易度Bです。
Q18 心臓移植はどこのカテゴリー?
A18 難易度C-8です。
Q19 人工心臓の着脱の手技は?
A19 人工心臓装着術はC-4.-(4)です。離脱時は難易度(A)-7これに準ずる手術に相当します。
Q20 先天性心疾患の手術で肺静脈狭窄に対する解除術は?
A20 C-1です。
Q21 Rastelli型手術に関してですが、肺動脈閉鎖兼心室中隔欠損症に対してであればファロー四徴症の極型と考えTOF修復術に、完全大血管転位症に対してであればTGA手術としてよいか?
A21 そのとおりです。
Q22 経皮的血管形成術にシャントに対するPTAをカウントしてもよいでしょうか?
A22 カウントできません。

ページのトップへ