最新情報 認定機構について 関連諸規則 認定基準
専門医申請 専門医認定試験 専門医一覧 施設申請 認定修練施設一覧 修練医登録 Q&A リンク 新専門医制度に向けて
Map

Off the Job Training

【OFFJT認定要件(2018)】

  1. 患者が対象ではないこと
  2. 上級医による指導があること
  3. 外科的手技および補助循環(人工心肺など)操作を含むこと(注)
  4. 「修練指導者」有資格者が企画・運営に参加していること
  5. 30分(0.5単位)以上であること
  6. 医師免許取得後のOFFJTのみが認定される(医師免許取得前のものは認められない)

注:OFFJTは本来、臨床判断や診断など臨床全体を包括する幅広い概念であり、侵襲的手技に限定した概念ではない。よって、ケーススタディやシミュレータを用いたエコー診断トレーニングなどのOFFJT認定開始時期については今後検討を行う。

  • 現行、以下のような例はOFFJTと認定します。
    ・病院内で指導医を相手に、布に連続縫合する練習をした。
    ・指導医に助手をしてもらい、血管吻合の動物実験をした。
    ・トレーニングセミナーで、人工血管で吻合の練習をした。
    ・人工心肺トレーニングセミナーで回路組み立てと操作を1時間した。
    ・技術講習会に参加し、指導医の模範手術を30分見学してから、ブタの心臓で弁置換の練習を1時間した(0.5+1.0 = 1.5単位)。
    ・指導医とブタの手術に1時間参加した。
    ・技術講習会に参加し、指導医の模擬手術を30分見学してから、ブタの心臓で弁置換の練習を1時間行った(0.5+1.0=1.5単位)
     ただし、見学でカウントできる時間は実技の時間を超えないこと。
     例:3時間の模擬手術見学後に1時間の実技 (1.0+1.0=2.0単位)
  • できるだけ、幅広い手技と各種シミュレータ(ドライ、ウエット、生体)を経験することを推奨します。

【OFFJT Certificate記載事項】

  1. 受講者氏名
  2. 年月日
  3. 場所
  4. 時間
  5. 単位
  6. トレーニング内容
  7. 修練指導責任者署名(または捺印)

Off the Job Training証明書(例)日本語Ver. >> PDF

Off the Job Training証明書(例)英語Ver. >> PDF

【Off the Job Training連携協力団体】

1)学会

2)OFFJT研究組織

  • 世界手術教育フォーラム(松田 暉代表)

3)手術トレーニングセンター

4)協力企業

※連携協力団体担当者にご連絡を取りたい方は、心臓血管外科専門医認定機構へご一報ください。
E-Mail:cvs-master@umin.ac.jp

ページのトップへ